事務仕事とは

事務員とはどんな仕事をいうのか

事務員=事務職員

未経験でも心配なし

まず一般事務についてご説明をいたします。
一般事務はオフィス内での仕事を基本とし書類作成、書類整理、電話対応、来客対応などが仕事内容となります。職場環境によっても勤務時間は異なりますが多くの会社では9時始業、17時終業といったような時間になります。また休憩時間は1時間となります。

さまざまな事務職が存在する中で一般事務は専門的な事務職ではないため未経験の方でも仕事が行いやすいというメリットがまずは挙げられます。一般事務の場合、専門性を求められることはありません。そのため書類作成や書類整理など基本的な仕事を行なってもらうことになります。
また一般事務を求めている企業の多くが求人サイトなどに未経験可能との記載をしていることが多いです。

スキルアップ

次に一般事務を通してさまざまなスキルが身につくということがメリットとして挙げられます。一般事務では幅広い仕事を扱うことになります。
そのためさまざまなスキルが身につきます。ほとんどの仕事はパソコンを使用するためタイピングの技術やメールを送る際のメールの文章作成の方法などご自身のスキルアップに繋げることができます。

続いて一般事務のデメリットについてご説明をいたします。一般事務では地味な仕事が多いことがデメリットとして挙げられます。同じ仕事を日々繰り返し行うため飽きてしまう場合。があります。地味な仕事が苦手というような方は一般事務には向いていないとされます。
次にどれだけ仕事をしたとしても実績が認められないということもデメリットとなります。実績が認められず会社に対して不満が溜まってしまうことがあります。


この記事をシェアする