事務仕事とは

事務員とはどんな仕事をいうのか

事務員=事務職員

事務仕事はさまざまな分野があります。 ここでは一般事務についてご紹介いたします。一般事務では、オフィス内での仕事が基本となります。また一般事務の仕事を通して、さまざまなスキルを身につけることができるというメリットがあります。この他にも仕事内容などについてもご説明をいたします。

幅広い仕事内容

事務員は事務職員ともいいます。
では事務職員とはどのような仕事内容になるのでしょうか。ここではまずはじめに、事務職員の仕事内容についてご説明をいたします。

事務職員とはオフィス内での仕事が一般的な仕事となります。仕事内容といたしましてはまず書類作成が挙げられます。どの会社でも書類の作成はあります。この書類を作成することは事務職員の仕事内容となります。次に書類の整理を行うことが仕事内容となります。書類の作成をする他にさまざまな企業や社内でも他部署などから書類が送られてくることなどがあります。仕事を行いやすい環境を作るためにもこの書類などを整理することも事務職員の仕事内容となります。次に電話の対応が挙げられます。さまざまな関係先や仕事関連などの電話がオフィスにはかかってきます。この対応も事務職員の仕事になります。電話の内容を聞き出し関係部署などにつなぐことが仕事になります。次に来客の対応が挙げられます。オフィスには仕事の依頼や打ち合わせなどを行うために多くの方が来客されます。この来客者の対応も事務職員の仕事になります。

以上のような仕事内容が事務職員共通の仕事内容になります。ご紹介いたしました仕事内容はごく一部となります。実際にはこの他にも多くの仕事があり事務職員は幅広い仕事に対して柔軟に対応するためのスキルが求められてきます。
事務職員と言われると多くの方は一般事務を想像されるかと思います。しかし事務職員には一般事務以外にも営業事務や総務事務などのさまざまな分野があります。それぞれの事務職員の仕事内容などについてもご紹介いたします。

お客様と営業担当をつなぐ

ここでは営業事務についてご説明をいたします。事務仕事という点では一般事務も営業事務も同じでありますが仕事内容が一般事務と営業事務では異なります。 営業の仕事をサポートする役割を担っているのが営業事務になります。営業事務はお客様と営業担当者をつなぐ重要な仕事になります。

会社を支える

総務事務はイメージが湧きにくい仕事かもしれません。総務事務といわれてすぐに仕事内容が頭に思い浮かぶ方は少ないかと思います。 しかし総務事務は会社全体のとても重要な役割を担っております。縁の下の力持ちと表現することができるほど会社全体を支えているとても重要な部署になります。